20世紀ジャズ名盤の全て
JAZZ Misty-ipanema 20世紀ジャズ名盤の全て

レディ・イン・サテン/ビリー・ホリデイ -1950年代

ビリー・ホリデイの存命中では最後にリリースされた1958年の名盤。声そのものは全盛期のそれではないとしても、魂からこみあげてくるような歌への情熱が投影されていると点で抜きん出た一作。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01I’M A FOOL TO WANT YOU

02FOR HEAVEN’S SAKE

03YOU DON’T KNOW WHAT LOVE IS

04I GET ALONG WITHOUT YOU VERY WELL

05FOR ALL WE KNOW

06VIOLETS FOR YOUR FURS

07YOU’VE CHANGED

08IT’S EASY TO REMEMBER

09BUT BEAUTIFUL

10GLAD TO BE UNHAPPY

11I’LL BE AROUND

12THE END OF LOVE AFFAIR

13I’M A FOOL TO WANT YOU

14I’M A FOOL TO WANT YOU

15THE END OF A LOVE AFFAIR

16THE END OF A LOVE AFFAIR

17PAUSE TRACK

(13)(14)(15)(16)(17)ボーナストラック

【演奏】

ビリー・ホリデイ(VO) レイ・エリス&ヒス・オーケストラ 他

【録音】

1958年2月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »