20世紀ジャズ名盤の全て
JAZZ Misty-ipanema 20世紀ジャズ名盤の全て

プレジデント・プレイズ・ウイズ・オスカー・ピーターソン+4/レスター・ヤング -1952年

“プレジデント”との異名を取る彼の52年のアルバム。オスカー・ピーターソン・トリオとの相性は本作でも抜群で、ご機嫌なソロが見事にスウィングする。スタンダードを多く収録しているので入門者にも聴きやすい。

【収録曲】

01 AD LIB BLUES
02 I CAN’T GET STARTED
03 JUST YOU, JUST ME
04 ALMOST LIKE BEING IN LOVE
05 TEA FOR TWO
06 THERE WILL NEVER BE ANOTHER YOU
07 (BACK HOME AGAIN IN) INDIANA
08 ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET
09 STAR DUST
10 I’M CONFESSIN’
11 I CAN’T GIVE YOU ANYTHING BUT LOVE
12 THESE FOOLISH THINGS
13 (IT TAKES) TWO TO TANGO; REHEARSAL|FALSE START & CHATTER|MASTER TAKE
(10)(11)(12)(13)ボーナストラック

【演奏】

レスター・ヤング(TS,(13)VO) (1)(3)~(13)オスカー・ピーターソン(P) バーニー・ケッセル(G) レイ・ブラウン(B) J.C.ハード(DS)

【録音】

1952年11月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »