20世紀ジャズ名盤の全て
JAZZ Misty-ipanema 20世紀ジャズ名盤の全て

ブラック・コーヒー/ペギー・リー -1950年代

自他ともに認めるペギー・リーの傑作アルバム。この微熱を帯びたヴォーカルによって、ベニー・グッドマン楽団の専属歌手からスターダムへとのし上がった。切々と歌い上げるタイトル曲「ブラック・コーヒー」がとりわけ魅力的だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 BLACK COFFEE
02 I’VE GOT YOU UNDER MY SKIN
03 EASY LIVING
04 MY HEART BELONGS TO DADDY
05 IT AIN’T NECESSARILY SO
06 GEE, BABY AIN’T I GOOD TO YOU
07 A WOMAN ALONE WITH THE BLUES
08 I DON’T KNOW WHAT TIME IT WAS
09 WHEN THE WORLD WAS YOUNG
10 LOVE ME OR LEAVE ME
11 YOU’RE MY THRILL
12 THERE’S A SMALL HOTEL

【演奏】
ペギー・リー(VO) ピート・カンドリ(TP) ジミー・ロウルズ(P) マック・ウェイン(B) エド・ショーネシー(DS) 他

【録音】
(1)(3)(4)(7)(9)1953年5月 (2)(8)(10)1953年4月 (5)(6)(11)(12)1953年5月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »