20世紀ジャズ名盤の全て

ブラジリアン・ロマンス/サラ・ボーン -1987年

50年代からブラジルと縁の深いサラだけに好企画といえる。セルジオ・メンデスのプロデュース、ドリイ・カミイのアレンジにブラジルのミュージシャンと、本物のブラジル音楽とサラのボーカルが見事に融合している。

 

アーティスト:サラ・ヴォーン(VO)ジョージ・デューク(KEY)アルフォンス・ジョンソン(B)ダン・ハフ(G)ドリ・カイミ(G)カルロス・ヴェガ(DS)ポリーニョ・ダ・コスタ(PERC)(1)(2)マルシオ・モンタルロヨス(TP,FLH)(1)(3)トム・スコット(リリコン,TS)(5)チャック・ドミニコ(B)(6)アーニー・ワッツ(AS)(8)ヒューバート・ロウズ(FL)(10)サイーダ・ギャレット(B-VO)(10)グラチーニャ・レポレース(B-VO)(10)ケイト・マーコヴィッツ(B-VO) 他

 

収録曲:

01MAKE THIS CITY OURS TONIGHT
02ROMANCE
03LOVE AND PASSION
04SO MANY STARS
05PHOTOGRAPH
06NOTHING WILL BE AS IT WAS
07IT’S SIMPLE
08OBSESSION
09WANTING MORE
10YOUR SMILE

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »