20世紀ジャズ名盤の全て
JAZZ Misty-ipanema 20世紀ジャズ名盤の全て

トニー・スコット・カルテット -1950年代

デフランコと並ぶモダン・クラリネットのもう一人の雄。スコットもまたパーカーの影響が濃く、デフランコよりもホットな音色で、ダイナミックなスタイルを持っていた。ワン・ホーンだけに彼のスタイルがよくわかる。

【収録曲】
SIDE 1
1. Katz’ Meow (A Canon For Cats)
2. After After Hours
3. I Never Know
4. Away We Go

SIDE 2
1. Blues For Ava Part 1
2. Blues For Ava Part 2
3. It’s You Or No One
4. I Cover The Waterfront
5. Yesterdays

【演奏】
Tony Scott(cl)
Dick Katz(p)
Earl May, Milt Hinton, Percy Heath(b)
Philly” Joe Jones, Osie Johnson(ds)

【収録】
1953年12月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »