20世紀ジャズ名盤の全て

ギル・エヴァンス / ギル・エヴァンスの個性と発展[+5] -1963年


「音の魔術師」ことギル・エヴァンスがモダン・ジャズの巨人達を従えヴァーヴ・レコードに吹き込んだ、彼のキャリアの初期を代表する一枚。通常のビッグ・バンド編成とは異なり、フレンチ・ホルンやチューバ、ハープの導入など、早くもこの時期から彼が独自のサウンドを模索していたことが読みとれる。’Time Of The Barracudas’における空間を生かしたスコアと浮遊感のある不思議なハーモニーを理路整然と吹くホーン・セクションと、野性味溢れるドラミングでバンドを鼓舞するエルヴィン・ジョーンズが激突する瞬間のスリルや、’Las Vegas Tango’におけるゴージャズなブラス・セクションと重厚なラテンのリズムが混然一体となって耳に飛び込んでくる瞬間はたまらない。またギルのマジックにかかってしまった。 (Jazz Misty)

【収録曲】

1.Time Of The Barracudas(G.Evans)

2.The Barbara Song(B.Brecht, K.Weill)

3.Las Vegas Tango(G.Evans)


Flute Song / Hotel Me
4a.Flute Song(G.Evans)
4b.Hotel Me(G.Evans, M.Davis)

5.El Toreador(G.Evans)

6.Proclamation(G.Evans)

7.Nothing Like You(B.Dorough)

8.Concorde(J.Lewis)

9.Spoonful(W.Dixon)

【演奏者】

Phil Woods(as), Gil Evans(arr, cond, pf), Ben Tucker, Gary Peacock, Milt Hinton, Paul Chambers , Richard Davis , Ron Carter (ba), Elvin Jones, Osie Johnson (ds), Don Corrad, Jimmy Buffington, Julius Watkins , Ray Alonge, Bob Northern (frh), Barry Galbraith, Kenny Burrell (gt), Bob Maxwell, Margaret Ross (harp), Al Block, Andy Fitzgerald, Bob Tricarico, Eric Dolphy, Garvin Bushell, George Marge, Jerome Richardson (reeds), Steve Lacy (ss), Wayne Shorter (ts), Frank Rehak, Gil Cohen, Gil Cohen, Jimmy Cleveland, Tony Studd (tb), Bernie Grow, Ernie Royal, Johnny Coles, Louis Mucci, Thad Jones (tp), Bill Barber (tuba), Harry Lookofsky (Tenor Violin)

【録音年】

1963年3月、1964年4月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »