20世紀ジャズ名盤の全て
JAZZ Misty-ipanema 20世紀ジャズ名盤の全て

カルテット、クインテット、セクステット/ルー・ドナルドソン -1952年

クラブ・ファンにも人気のファンキー・テナーマンの、初リーダー・セッションを含む代表作。50年代の前半で、ファンキー色はないが、この時期はビ・バップの香ばしさがたまらない。二度とこない若かしり日の生気に満ちる。24ビットbyRGVシリーズ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 IF I LIVE AGAIN
02 DOWN HOME
03 THE BEST THINGS IN LIFE ARE FREE
04 LOU’ BLUES
05 CHEEK TO CHEEK
06 SWEET JUICE
07 THE STROLLER
08 ROCCUS
09 CARACAS
10 MOE’S BRASS

【演奏】

ルー・ドナルドソン(AS)ブルー・ミッチェル(TP)ケニー・ドーハム(TP)マシュー・ジー(TB)ホレス・シルヴァー(P)エルモ・ホープ(P)ジーン・ラミー(B)パーシー・ヒース(B)アート・テイラー(DS)アート・ブレイキー(DS)

【録音】
(1)~(3)(6)1952年11月 (4)(5)(8)1952年6月 (7)(9)(10)1954年8月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »