20世紀ジャズ名盤の全て
JAZZ Misty-ipanema 20世紀ジャズ名盤の全て

オパス・デ・ジャズ/ミルト・ジャクソン -1950年代

バグスの愛称で親しまれた屈指のジャズ・ヴァイブラフォン奏者が1955年に行なったリーダー・セッション。ホレス・シルヴァーのペンによるタイトル曲ほかを、ハンク・ジョーンズら実力派とともにプレイしたサヴォイ盤。

【収録曲】
01 OPUS DE FUNK
02 OPUS POCUS
03 YOU LEAVE ME BREATHLESS
04 OPUS AND INTERLUDE

【演奏】
ミルト・ジャクソン(VIB) フランク・ウェス(FL,TS) ハンク・ジョーンズ(P) エディ・ジョーンズ(B) ケニー・クラーク(DS)

【録音】
1955年10月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »