20世紀ジャズ名盤の全て
JAZZ Misty-ipanema 20世紀ジャズ名盤の全て

アーバン・ブッシュメン、アート・アンサンブル・オブ・シカゴ -1980年

もはや伝説のグループともなった感のあるAECの、80年のヨーロッパ・ツアーのライヴ2枚組。この時期、彼らはECMレーベルに所属しており、ある意味で彼らのクリエイティヴ・ピークにあった時期の作品。パーカッションの使用が小気味いい。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:レスター・ボウイ(tp,b,ds,vo,他)ジョセフ・ジャーマン,ロスコー・ミッチェル(sax)マラカイ・フェイヴァーズ(b,perc,vo,他)ドン・モイエ(perc,vo)

 

[Disc 1]
01プロムナード:コート・バマコ1
02ブッシュ・マジック
03アーバン・マジック:マーチ~ウォーム・ナイト・ブルース・ストロール~ダウン・ザ・ウォークウェイ~RM・エクスプレス
04サンプリコンディション・トゥー~スコのテーマ:ソウェト・メッセンジャー~ブッシュマン・トライアンファント~エンタリング・ザ・シティ~アナウンスメント・オブ・ヴィクトリー
[Disc 2]
01ニューヨーク・イズ・フル・オブ・ロンリー・ピープル
02アンセストラル・メディテイション
03アンクル
04ピーター・アンド・ジュディス
05プロムナード:コート・バマコ2
06オドゥワラ/テーマ

〈録音〉
1980年

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »