20世紀ジャズ名盤の全て
JAZZ Misty-ipanema 20世紀ジャズ名盤の全て

アフター・ユーヴ・ゴーン/ロイ・エルドリッジ -1930年代

「クリストファー・コロンバス」だけは36年の初リーダー・セッションの時の演奏(83年になって日の目を見た)。ほかは40年代半ばの録音。後年と違ってこの頃のロイは,ハイノートを的確にヒット,情熱的なソロを絢爛と繰り広げる。バラードも秀逸だ。(「CDジャーナル」データベースより)

【収録曲】
01 AFTER YOU’VE GONE
02 THE GASSER
03 JUMP THROUGH THE WINDOW
04 MINOR JIVE
05 STARDUST
06 LADY BE GOOD
07 I SURRENDER, DEAR
08 BODY AND SOUL
09 I CAN’T GET STARTED
10 AFTER YOU’VE GONE
11 FISH MARKET
12 TWILIGHT TIME
13 ST. LOUIS BLUES
14 EMBRACEABLE YOU
15 ALL THE CATS JOIN IN
16 POOR JOHN
17 HI HO TRAILUS BOOT WHIP
18 YARD DOG
19 LOVER, COME BACK TO ME
20 ROCKIN’ CHAIR
21 IT’S THE TALK OF THE TOWN
22 CHRISTOPHER COLUMBUS

【演奏者】
ロイ・エルドリッジ(tp)他

【録音】
1936~1946年

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ